どのようなシステムなのか|少額で不動産投資ができる人気のワンルームマンション投資
ウーマン

少額で不動産投資ができる人気のワンルームマンション投資

どのようなシステムなのか

積木と紙幣

家主と入居者にメリット

家賃保証とは賃貸住宅を契約する際に連帯保証人などを立てられない人などが家賃保証会社と契約することで入居出来るようにするシステムです。この家賃保証というシステムは比較的新しいもので90年代頃から始まっています。元々は不動産会社などが賃貸用に使用していたのですが、最近では管理会社が家賃の督促をするのに外注として使うなどその範囲は広がっています。家賃保証は家賃の何パーセントという割合で支払ったり定額にしている保証会社もあります。入居者には連帯保証人がいなくても契約できるメリットがあり、オーナーにも毎月の家賃が保証されるメリットがあります。保証会社には手数料が入りますが、滞納した時の為に審査を行います。

審査基準や保証内容など

賃貸物件の契約の際には不動産会社によっては連帯保証人を立てていても保証会社との契約は必須としているところもあります。賃貸物件を借りるのには保証会社の審査がありますが、特に若い人で高額の家賃のマンションなどを借りようとすると審査が難しい事があります。支払い額はハードルを越えていても仕事の内容や勤続年数などが短いと通りにくいので、そんな経験があるのなら家賃を下げてみると支払い不能のリスクが低くなるので審査に通る事もあります。家賃保証の内容は家賃だけに留まらず、部屋を退去した時に発生する原状回復費用や部屋に荷物を残したまま出てしまった場合の残置物撤去費用や、明け渡しなどでもめた場合の訴訟費用などもあります。