小口出資での不動産投資|少額で不動産投資ができる人気のワンルームマンション投資
ウーマン

少額で不動産投資ができる人気のワンルームマンション投資

小口出資での不動産投資

積み木

不動産投資とは

不動産投資は、不動産を何らかの形で運用することで、その運用益を得る投資モデルです。不動産そのものは価値は普遍的ですので、価値がゼロになることはありませんし、適切に運用することで収益を得ることができるため比較y的、安全性の高い投資といえます。一方で、不動産投資ではそれなりのお金を用意しなければならず、投資をはじめる上でのハードルが高いものといえます。このため不動産を保有するタイプの不動産投資では最低でも1000万円程度の資金が必要です。しかし、近年は小口出資型の不動産投資も増えています。この場合には1口100万円程度から不動産投資が出来るというもので、その代表的な存在がみんなで大家さんになります。

小口出資のメリット

みんなで大家さんの仕組みは用意された物件に対して1口単位で出資するものです。みんなで大家さんでは不動産を直接所有することはできませんが、小口で出資することができるのが最大のメリットで、100万円程度から運用が可能です。利回りに関しては想定利回りは6%と定期預金や国債、株式の配当などと比べると、かなり高水準にあります。ただし、実際のところは、不動産投資では利回り10%程度のものが多く、不動産投資という点で見れば、みんなで大家さんはそれほど利回りが高いわけではありません。またみんなで大家さんのビジネスモデルは不動産を長期間にわたって運用するというものではなく一定の期間が過ぎれば不動産を売却して出資者に償還金を支払うというものになります。このためみんなで大家さんでは、長期国債や社債といったものに近く、また小口で出資でき利回りも期待できる投資商品になります。